PR
米国株

マジェンタ セラピューティクス(MGTA)

スポンサーリンク

マゼンタ・セラピューティクス(Magenta Therapeutics Inc)は幹細胞移植の治癒力を、血液癌、遺伝性疾患、自己免疫疾患を患うより多くの患者にもたらすことを目的とした医薬品を開発する臨床段階のバイオテクノロジー会社である。

スポンサーリンク

【事業内容】

医薬品開発パイプラインには、幹細胞移植を改善するために設計された複数の製品候補が含まれる。主要な臨床プログラムは、幹細胞移植に使用する機能的な幹細胞を十分にモウボライズ・採取するよう設計されて、プロセスはモビリゼーションとして知られる。また、コンディショニングとして知られる、骨髄が新たに移植された幹細胞を受け入れるスペースを確保するために、骨髄内の標的細胞を激減させることを目的とした製品候補も開発中である。幹細胞移植用製品候補のパイプラインは、「MGTA-145」、「MGTA-117」、「C300」、「C100」、「G100」、「MGTA-456」及び「E478」で構成される。製品候補を単独で、あるいは場合によっては組み合わせて使用することを前提に開発を進める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました