PR
米国株

イミュノジェン(IMGN)

スポンサーリンク

イミュノジェン(ImmunoGen, Inc.)は抗体-薬物コンジュゲート(ADC)技術を使用して標的がん治療薬を開発する臨床段階のバイオテクノロジー会社である。

【事業内容】

同社の技術を用いたADCは、ADCがその標的に結合した後に腫瘍細胞を死滅させるペイロードとしてその抗癌剤の1つに結合した腫瘍細胞上に見出される標的に結合する抗体を含む。その製品候補には、Mirvetuximab soravtansine、IMGN779、IMGN632、及びColtuximab ravtansineが含まれる。同社のポートフォリオは、FORWARD Iと呼ばれるフェーズⅢ登録試験中の葉酸受容体アルファ(Fra)を標的とした初のADCであり、Mirvetuximab soravtansineによって導かれている。FORWARD II試験は、アバスチン(ベバシズマブ)、Keytruda(ペンブロリズマブ)およびカルボプラチンと組み合わせて、ミルベキシマブソラバタンシンを評価するコホートからなる。同社は、DM1およびDM4、並びにIGNと呼ばれるデオキシリボ核酸(DNA)アルキル化剤を含むチューブリン作用性メイタンシノイドペイロード剤を開発した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました